FC2ブログ
2012.01.30 八ヶ岳
IMG_5765.jpg
週末は八ヶ岳へ。

雪が多いですね。

毎年恒例となりつつある、社員研修(上司のための)です。

IMG_5769.jpg
土曜は入山と赤岳鉱泉のアイスキャンディーで遊びました。

IMG_5756.jpg
おや、この後姿はみたことあるような。

IMG_5805.jpg
出血クライマー、金さんではないか。(落氷で顔面から3ヶ所出血)
実はお手伝いで一緒にいていただきました。

IMG_5806_20120130153852.jpg
夕日がきれい。(大同心と小同心)

IMG_5813.jpg
しかし、すんごく寒い。
これ何か分かりますかな?

ビアーですよ、BEER。
注ぐ前は液体でしたが、器にそそぐとシャーベットになってしまいました。
過冷却ですね。

IMG_5822.jpg
さて、翌朝5時半に鉱泉出発で中山尾根を目指す。
本日はまだ誰も来ていないようで、トレースはうっすら残っているだけ。
スネから膝ぐらいまでのラッセルです。

IMG_5825.jpg
中山乗越から1時間ほどでようやく取りつきが見えてきました。

IMG_5837.jpg
うっすら明るくなってきますが、日が当たるまではまだまだ。

IMG_5839.jpg
樹林帯を抜けるとすぐに風が頬を突き刺す。(写真は赤岳)

IMG_5841.jpg
取りつきから見上げると、結構立ってるように見えます。

中山尾根は昔に下降したことはあっても登ったことはありませんでした。
なので、とりつきから今一ルートが分からん。

本来のルートは取りつきから少し右にトラバースして凹角を左上するとなっていたが、トラバースが悪そうだったので、ぺツルのボルトがある尾根上から取りつき、少し右上し左上凹角に入る。

しかし、予想以上に悪いではないか。

研修生は登れるのかと不安になりながら、1P目のリードを終える。

しばし待たせてしまったので、下でビレーしてくれている二人はかなり寒そう。

いざ、スタートするも研修生の手は冷え切ってホールドを掴めない。
後ろから金さんの指導が入るも、登れず。。

IMG_5848.jpg
とりあえず、金さん登る。

IMG_5863.jpg
見るからに寒そう。
というか、凍ってない?

IMG_5867.jpg
よく見ると、鼻やほっぺには霜が張り付き、まつ毛もメガネも凍っているではないか。

こんなんでホールド見えてるのでしょうか。

金さんのザックに付いている簡易温度計を見ると-25℃ほど。
まじで?

んー。寒すぎるし、研修生登れんしで、そそくさ敗退です。
IMG_5874.jpg


1時間後にはラーメン。
IMG_5898.jpg
しあわせ。

軟弱クライマーですね。

IMG_5930.jpg
「おい、こら。何見てんだ、軟弱クライマー。」

カモシカにも言われているようでした。

頑張らねば!











スポンサーサイト
今シーズン2回目となる社員研修登山。普段の立場が逆転となる不思議な仕組みとなっております。

先週4/3-4で八ヶ岳天狗尾根へ行ってまいりました。

土曜のスーパーあずさ1号を乗ろうと出発するも、7年に一度の御柱祭とガッチャンコ。
もう、1時間前から長い列。諦めて2本目ので出発。

美しの森を10:20出発。出合い小屋12:10。天狗尾根取り付き12:40

R0011572.jpg
薮こぎです。何たるこった。

R0011583.jpg
15時ごろ、岩場手前の平らな場所で幕営。
雪がほとんどなく、作った水には枝や葉っぱが浮いています。
茶漉しを忘れたのが悔やまれます。

R0011584.jpg
翌朝は快晴!天狗尾根には他2パーティいたので、暗闇の内から4時前に出発。

カニのはさみでロープを出し、適当に登ります。

R0011598.jpg
いつのまにか大天狗へ。ここの右上トラバースが核心のⅢ級らしいが、雪も付いておらず、問題なし。
R0011606.jpg
大天狗直登はきびしそうね。

R0011600.jpg
小天狗は左から巻きます。

R0011609.jpg
7時過ぎには稜線へ。

快適そのものですね。
本日は美濃戸下山なので、アイスクライミングもやっちゃいます。

R0011627.jpg
南沢小滝。
もちろん誰もいません。

滝の裏側では水流の音が聞こえますが、表には噴き出しておりません。氷もぱりぱりに凍っていて快適アイスクライミングが楽しめました。
4月頭のアイスクライミングは静かでおすすめですね。

フィギア4とかやってたら大変疲れて、大滝に行かず皆様ご臨終。

茅野駅では御柱祭の大混雑。
お疲れさまでした。