上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
先週末は日本海側で大雪の予報だったので、比較的影響の少ないと思われる唐幕へ。

葛温泉に到着したのは土曜の深夜1時頃で、4時起き予定が相変わらずの寝坊で6時過ぎ出発。


雪は降っているものの、大した量ではない。
高瀬ダムまでは除雪が入っているのでラクチン。

除雪が無くなったとたん、ラッセル地獄。
IMG_9978_R.jpg

結局、空荷ラッセルを二人で繰り返し、岩場基部に到着したのは13時を回っていた。
しかも、二人とも初めての唐幕で、いつの間にか右稜のコルに出ていた。

風は強いし、視界悪いし、時間ないしで今日はもう止め。
少し下って大町の宿へ。
IMG_0019_R.jpg
場所が少々分かりずらいが、風も来なく、冬でも水が出てるので快適そのもの。

翌朝、少し飲みすぎで頭痛がするが、とりあえず唐幕入門ルートの大凹角へ。
IMG_0028_R.jpg

1P目 ベルグラの凹角。出だしから結構悪い。
IMG_0035_R.jpg

2P目 スラブから洞穴テラスを越え、ベルグラスラブ。その先の雪壁を越え、サボテラス付近まで。
IMG_0041_R.jpg
適度に悪い。

3P目 見た目優しそうだったので、金さん冬壁初リード。凹角を越え凍った緩傾斜。
IMG_0057_R.jpg

4P目は凍った緩傾斜で上部岩壁の手前まで。快適なアイス。スクリューを持って来ていたが使えたのはこのピッチ1本だけだった。

5P目 雪壁からルンゼに入ってチムニーをこえる。
IMG_0066_R.jpg
って、あれ??金さんどないした?

顔に泥が飛んでますが、選手交代のようです。
IMG_0067_R.jpg

確かに足場が悪いチムニーですが、フリーで越えれます。
IMG_0070_R.jpg

そのまま、上部のチョックストーンを越える。ここも結構悪いが、大胆に体を出せば人工でなく越えれます。

終了点には14時半、なんだかんだで約7時間半かかってました。
IMG_0076_R.jpg
目が半開きな金さん

下降は右稜の頭から、右稜のコルへ懸垂3回と歩き少し、最後もう1回の計4回で戻れます。
IMG_0086_R.jpg

中央ルンゼも、ぜひ行きたいです。
IMG_0104_R.jpg

不動岳?が夕闇に包まれてしまいました。
IMG_0101_R.jpg

結局葛温泉には20時着。下りもラッセルでした。
しかし、ここからが今回の一番の核心。
IMG_0120_R.jpg
車にもベルグラが。

さー、はよ帰ろうと言ってエンジンをかけると、“キュルルル”と元気のない反応。
バッテリーは最近替えたばかりとのことで、そんな馬鹿なと言いつつ格闘すること30分。

始動せんではないか!

さー困った。

困った時はJAF。

下山したから薄着に着替え暖房ガンガンで帰ろうとしてたのに、こんな羽目に。
こんな山の中、何時間待つのかと思ってたら、30分ちょいで来てくれた。さすがJAF。

IMG_0133_R.jpg

ようやく帰れると思ったら、オッチャンもなかなか苦戦の様子。



30分経っても何かやってる。

しまいには「頼む!」とセルを回し始めた。

えー、神頼み!?


神頼みもむなしく、もちろん始動せず。
どうやらそう簡単には治らない症状らしくレッカーしないといけないと。

なんとまぁ、今日帰れず???
さーさーどうする。

持つべきものは友とはよく言ったものです。

金さんの元同僚が近くに住んでてしかも車を2台持ってるから一台貸してあげるよと。
JAFのおじさんに麓まで下してもらい、友人と合流して車を借りて一路東京へ。

3時には家に帰れました。
金さん、ほとんど運転ありがとう。
Secret

TrackBackURL
→http://8848everest.blog52.fc2.com/tb.php/222-5f8f5c22
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。